nri_logo

アジャイル開発で、ワクワク感を共有するということ。佐々木 直晴悦田 翔悟

ウォーターフォール型開発からアジャイル開発へ。これまでウォーターフォール型開発の一員であったエンジニアたちが、次々とアジャイル開発にチャレンジし、bit Labs(ビットラボ)の屋台骨を支えるまでになってきました。本記事ではスクラム・アジャイルチームの佐々木直晴、悦田翔悟を迎え、その実態と今後の課題を探っていきます。

みなさんの現在のお仕事、役割について教えてください。

佐々木 私は証券業界のお客様を持つ事業部署のプロジェクトに参加していまして、技術的な面やアジャイル開発の立ち上げサポートなどを行っています。悦田 私は主に通信業界のお客様に向けてアジャイル開発を行うチームに参加しています。

おふたりがアジャイル開発に取り組まれたのはいつ頃からですか?

佐々木 3年ほど前からですね。最初は自分たちのR&Dからスタートして、その後に保険業界のお客様のプロジェクトに1年くらい携わり、その後、現在の証券業界のお客様のプロジェクトに取り組んでいます。悦田 私は2年くらいですね。その前のプロジェクトはウォーターフォール型の開発プロジェクトで、リリース間近というところから入って、エンハンス、機能改善といったようなことをやっていました。リリースした後はこまめに改善していくので、思えばアジャイル開発に近しい形のプロジェクトではありました。その後、立ち上げからアジャイル開発で行うプロジェクトに携わってきました。

佐々木さんはフィンテックなどの開発にも近いお立場なのでしょうか。

佐々木 フィンテックも盛り上がっていますが、僕自身が今やっているのは、証券業界のお客様が社内の業務システムの中で、いかに効率よく働き方を変えていけるかというところなんです。タブレットやスマホを使った業務の効率化などにフォーカスしていて、実際にビジネスに繋がってきているということを感じます。例えば、営業職の方だと出先で何かするという時に、PCではなくお客様にすぐにお見せできる端末があることで成約率が上がったり。そういった場合にいかに見やすく分かりやすくできるかということも、フォーカスしている部分です。

インタビュー画像

佐々木さんはアジャイル開発を3年行っていますが、それ以前のやり方でも、今お話いただいたようなお仕事はできますよね?

佐々木 もちろん、できます。ただアジャイルの特徴である「お客様に見せてフィードバックして、やり方を試行錯誤しながら変えていく」ということを前提としているので、よりやりやすくなったという印象はあります。今のアジャイルのやり方では基本的にスプリントという繰り返しの開発の中で、お見せしてご意見をいただいて……というのを1週間単位でやっているので、「言ったことがすぐ反映される」「どんどん言いたくなっちゃうね」といったお客様のフィードバックを多数いただいています。そこは狙っているところでもあるので、そうおっしゃっていただけるのは嬉しいですね。

これまでのウォーターフォール型開発とアジャイルでの開発では、お客様との関係性に変化はありますか?

佐々木 ありますね。ウォーターフォール型のプロジェクトの場合はRFP(提案依頼書)がベースにあって、その見積依頼をベンダーに出して、要件定義して、あとは作ってください、というような関係性でした。でもアジャイルは毎週できたものをお見せして、意見をいただきながらやっていくので、お客様との距離は圧倒的に近くなりますね。

悦田さんはアジャイル開発に入って2年とのこと。ご自身ではすんなりアジャイル開発に移行できたと感じていますか。

悦田 アジャイル開発に入った最初の頃はできると思っていましたし、実際、何となくうまくいっていると感じていました。が、「Scrum Alliance®認定スクラムマスター」の研修を受けた時に、自分の考えが甘かったということに気づかされました。本当のアジャイル、スクラムはこういうことなんだという驚きがそこにはありましたね。今から考えると、最初にやっていたことはまだまだ甘く、行き当たりばったりだったなと感じます。佐々木 僕自身も悦田と前後するタイミングで「Scrum Alliance®認定スクラムマスター」の研修を受けたのですが、同じように自分の甘さに気づきました。アジャイル開発についてはいろんな書籍が出ていて、それをまずは参照していました。そこには、例えば「デイリースクラムミーティングを毎日すること」といったプラクティスが書かれていて、それを真似していたんですけど、大切なのはそれを行うこと自体より、同じゴールを共有し、どのようなプロセスでそこに向かうのかを全員が理解している状態を保つという、もっと根幹の部分だったんです。

図1

図の参考:Tuckman, B. W. and Jensen, M. A. (1977) Stages in small group development revisited. Group and Organisation Studies 2; 419-427.

もちろん、最初にチームが作られた時はゴールやプロセスを共有できていないので、そこからチームが自律的にゴールに向かっていくための組成が大切で、各プラクティスはそのための手段であると理解することができました。そういう原則を理解しないで、マニュアルだけなぞって本に書いてある各プラクティスをやるだけではうまくいかない。そういうことがすごくよくわかる研修でした。その衝撃は大きかったです。

図2

図の参考:あなたのチームは、機能してますか? パトリック・レンシオーニ (著)、伊豆原弓 (翻訳)

悦田 個人で自律的になるのとチームで自律的になるのは、全然難しさが違うと感じましたね。チームで自律的になるにはベースとなる信頼関係が不可欠で、その上でどう合意形成し、コミットするかがポイントです。そして、一度チームで決めたことにはメンバーが全力で取り組むという姿勢が必要になります。スクラムマスターはチームがうまく機能するように障害を取り除かなければなりません。

悦田さんは、野村総合研究所(NRI)社内で「アジャイル開発の普及を目指す委員会」でリーダーを務めているそうですね。

悦田 研修を受けてきた我々の次の使命は、社内へ働きかける啓蒙活動だと思っています。佐々木 自分たちがアジャイル、スクラムを実践するだけでなく、周りに伝えていくことが求められているという感覚はかなりありますね。悦田 スクラムのプラクティスに限って言うと、開発チームをどう改善していくかということは具体的に述べられているんですが、チームの外を巻き込んで、よりアジャイルな組織にしていくことについては指針が示されているだけで、具体的にこうしなさいということはありません。それぞれの組織なので千差万別なのだと思います。チームの中だけでゴールを設定しても、最終的に軋轢や障害が発生してしまいます。チームの中と外が同じゴールを共有して、それに向かっていくんだという共通認識ができて初めて、NRIはお客様によりよい価値を提供できるようになるのです。ですから、喫緊の課題としてはアジャイルチームの外をどうするか、そしてチーム同士をどう繋げるか、チームをどう増やしていくか――その3点なのかなと思っています。

インタビュー画像

今後のチームにおける目標を教えてください。

佐々木 お客様にも「このプロジェクトは楽しいな」と思ってもらえるようなチームにしたいですね。もちろん仕事なので楽しいだけじゃなくてビジネス的な成果は必ず必要なんですけど、アジャイルで開発する際に楽しさやワクワク感が出てくると、個人的にはうまくプロジェクトが回る感覚があるんですね。なので、そのムードや価値観を作れるようなチームにしたいですね。悦田 チームって立ち上がった後に成熟していき、最終的に解散するというフェーズがあると思うんです。私のチームはおそらく次のフェーズにもうすぐ差し掛かるのかなと思っています。そこでナレッジが溜まったチームを分けて、またそれぞれで頑張ってもらうという形もありますし、そのままシフトしていく形もあると思っているので、そういう意味ではチームを次のステージに移すことをどのように実現していくか、サポートできるか。それが私のチームにおいての今後の課題です。

最後に、個人的な目標も教えてください。

悦田 私はビットラボのビジョンステイトメントに共感していまして、特に冒頭にある「胸躍る未来のために」というところを目指していきたいと思っています。そのために自分の力を使っていきたいのですが、現状はまだまだだと感じます。今年度はその手応えを掴める一年にしたいなと思っています。佐々木 私はスクラムマスターなので、いつもチームの様子を観察しているところがあるんですが、そこからもうちょっと活動の幅を広げて、「お客様が楽しめる状態になっているか」とか、「新しいビジネスが生まれそうか」とか、そういったところまでケアできるようにチャレンジしていきたいです。実際にお客様に「新しいものができて、ビジネスの成果が上がった」と言っていただけるところまで近々いきたいですね。

佐々木 直晴

佐々木 直晴Naoharu Sasaki

主任システムコンサルタントアジャイル・プロフェッショナル認定スクラムマスター、認定スクラムプロダクトオーナー(CSM、CSPO)

2010年野村総合研究所入社。入社以来、Webシステム開発のテクニカルメンバーとして産業・流通・金融プロジェクトに従事。現在は、スクラム開発案件に携わる傍ら、チームビルディングやMVP戦略策定・技術的導入など、エンタープライズなアジャイルプロジェクトの立ち上げ方法論の確立に向け奮闘中。

悦田 翔悟

悦田 翔悟Shogo Etsuda

主任システムコンサルタントアジャイル・プロフェッショナル認定スクラムマスター、認定スクラムプロフェッショナル(CSM、CSP)

2011年野村総合研究所入社。入社以来、テクニカルメンバーとして産業・流通等のプロジェクトに従事。その後、大規模プロジェクトのアプリケーション開発のチームリーダーを担当。現在は、アジャイル開発の現場でスクラムマスターを担当しつつ、プロダクトオーナーの支援を実施中。また、社内のアジャイル開発の普及を目指す委員会ではリーダーを務める。